連合総研セミナーを開催

連合総研セミナーを開催

 連合総研は、2月14日、連合総研の研究員に加え、連合の構成組織や地方連合会の方々も対象とした「連合総研セミナー」を開催しました。
 今回の「連合総研セミナー」では、「『第4次産業革命/人生100年時代』の下での働き方改革と人づくり革命について」をテーマに、経済産業省産業人材政策室 伊藤禎則参事官をお招きしました。
 「働き方改革」や「人づくり改革」について、最近の政策動向を中心に、こうした政策が求められるようになった環境の変化などについての解説も交えながら、ご講演いただきました。
 今回扱ったテーマは、多くの組合で取り組まれている課題に関わることもあり、幅広い業種の方々が参加され、参加者からは、共感するところも多く、今後の参考にしたいといった感想等が寄せられています。