連合総研

連合総研は働く人達のシンクタンクです
Research Institute For Advancement Of Living Standards

文字サイズ

連合総研
について

お知らせ

第2回 障害者の更なる雇用促進・職場定着に向けた課題と労働組合の役割に関する調査研究委員会を開催しました。

研究委員会写真.jpg

 628日(金)、連合総研は第2回 障害者の更なる雇用促進・職場定着に向けた課題と労働組合の役割に関する調査研究委員会(主査・眞保智子 法政大学現代福祉学部教授)を開催しました。

 縄岡好晴委員(大妻女子大学共生社会文化研究所講師)より「発達障害者の定着支援を考える-特性に基づく合理的配慮で必要なこととは-」、若林功委員(常盤大学人間科学部准教授)からは、「障害者の職場定着と労働組合」をテーマに、それぞれご自身の研究委員会に対する関心事項についての報告を受けた後、研究委員会で取り扱うポイントや課題、今後の進め方等について意見交換を行いました。

 また、今回の研究委員会では金子良事委員(阪南大学経済学部准教授)には、スケジュール上の理由から、Skypeを使用して大阪より会議にご参加いただきました。今後もWeb会議のような様々な技術を有効活用するなど研究委員会の開催を工夫していくこととします。

≪ 前の記事

PAGE
TOP