連合総研

連合総研は働く人達のシンクタンクです
Research Institute For Advancement Of Living Standards

文字サイズ

今年度の
調査研究

今年度の調査研究

労働組合費に関する調査(連合との共同研究)

 本調査は、1975年以来、アジア社会問題研究所が実施してきた「労働組合費調査」を継承して、第14回調査(2003年)から連合による連合総研への委託調査としてほぼ隔年で行ってきた。
 第17回調査(2012年)からは、連合と連合総研による共同調査として3年毎に実施しており、前回(第18回)は2015年に実施された。
 本調査は、日本の労働組合費の現状とその支出状況などについて定期的に観察したデータとしては唯一のものであり、日本の労働組合運動の今後の発展のためにも、この調査を継続していくことが重要であることから、前回に引き続き連合との共同研究として、各単組と産別構成組織を対象に労動組合費調査を実施する。

研究期間

2018年10月~2020年9月

その他今年度の研究報告

PAGE
TOP