連合総研

連合総研は働く人達のシンクタンクです
Research Institute For Advancement Of Living Standards

文字サイズ

連合総研
について

理事長ごあいさつ

社会情勢の変化をとらえ
問題提起や議論の深化を図ってまいります

古賀 伸明

平素より連合総研の諸活動に対し格段のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。 連合総研は、連合のシンクタンクとして1987年の創設以来、勤労者及び生活者の立場に立って、国内外の経済・社会・産業・労働問題に関する調査研究を実施し、そこから得られる様々な提言を報告書としてまとめ、これまで約280冊を送り出してきました。また、研究報告書の発行のみならず、その時々の社会情勢の変化をとらえたシンポジウムの開催、及び国内・国外の研究機関や研究者とのネットワークによる交流など様々なかたちで問題提起や議論の深化を図ってまいりました。

時代が大きく転換しようとしている今、連合総研は、これまで積み重ねてきました研究及び組織的・人的ネットワークを更に充実・発展させ、我々の社会が直面する多くの様々な課題を先取りし世の中に問題提起すべく、努力していく所存でございます。

これからも私ども連合総研をどうぞよろしくお願い申しあげます。

公益財団法人 連合総合生活開発研究所
(連合総研)
理事長古賀 伸明

PAGE
TOP