連合総研

連合総研は働く人達のシンクタンクです
Research Institute For Advancement Of Living Standards

文字サイズ

イベント
セミナー
情報

イベントの開催報告

連合総研フォーラム開催報告

2018年11月 5日

  • イベント1

連合総研は、1025日、「第31回連合総研フォーラム」を多数のご参加の下、開催いたしました。

フォーラムでは、当研究所に常設の経済社会研究委員会の主査を務めていただいている吉川洋立正大学経済学部教授による「日本経済の現状と課題」についての基調講演の後、今回のフォーラムのテーマである「多様な働き方と公正な分配」と題するパネルディスカッションでは、吉川洋教授、権丈英子 亜細亜大学副学長・経済学部教授、河野龍太郎 BNPパリバ証券経済調査本部長・チーフエコノミスト、近藤尚己 東京大学大学院医学系研究科准教授の4名の識者にご登壇いただきました。女性や高齢者の就業が大きく増加している中で、長時間労働や低賃金労働の拡大を引き起こすことなく、どのように多様な働き方に対応していくべきなのかといった課題について、多角的な見地からの示唆に富んだ議論が展開されました。

また、当研究所の調査・分析の成果として、「働き方の多様化と公正な分配 -20182019年度経済情勢報告-」、「連合の春闘結果集計データにみる賃上げの実態2018」を発表し、その内容について、連合総研藤本所長から基調報告を行いました。

お忙しい中、ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

PAGE
TOP