連合総研

連合総研は働く人達のシンクタンクです
Research Institute For Advancement Of Living Standards

文字サイズ

イベント
セミナー
情報

セミナーの開催報告

連合総研オープンセミナーを開催

2019年2月15日

  • イベント1
  • イベント2

連合総研では連合総研の研究員に加え、連合の構成組織や地方連合会の方々、そして一般の方も対象とした「連合総研・オープンセミナー」を開催しています。

 2019214()に開催した第3回連合総研・オープンセミナーでは、学習院大学名誉教授の今野浩一郎氏をお招きし御講演いただきました。今野浩一郎先生は、永らく学習院大学で人的資源管理を中心に研究に従事され、労働政策審議会など政府関係の要職を歴任されるとともに、連合総研の多くの研究委員会をご指導いただくなど、私たち労働組合にとって縁の深い方であります。 

 今回は「同一労働同一賃金と人事管理」をテーマに、「働き方改革関連法」の施行を踏まえ、人事管理の観点から、「同一労働同一賃金」をどう理解するか、また「制約社員」が多数となる中キャリア管理を含めて今後の賃金や人事制度をどのように考えていくか ということを中心に、労働組合への期待なども含めて、御講演いただきました。

 セミナーには57名の方々にご参加いただき、「賃金制度への法整備のありかた」や「無制約社員へのリスクプレミアム手当てへの考え方」について活発な意見交換が行われました。

日 時

2019年2月14日(木)14:00~16:00

会 場

UAゼンセン会館 2階 大会議室  (千代田区九段南4-8-16

https://uazensen.jp/about/access/

テーマ・講師

 テーマ :同一労働同一賃金と人事管理  

 講 師 :今野 浩一郎 氏 (学習院大学名誉教授)

PAGE
TOP