連合総研

連合総研は働く人達のシンクタンクです
Research Institute For Advancement Of Living Standards

文字サイズ

イベント
セミナー
情報

イベントの開催報告

連合総研『日本の未来塾』を開塾しました(第1回)

2019年12月26日

  • イベント1
  • イベント2
  • イベント3
  • イベント4

 12月25日、連合総研は、第1回「日本の未来塾」を開催しました。

 連合総研未来塾は、今後の労働運動を担うことが期待される中堅の人材と、分野を超えた若手研究者・学識者との議論を通じて、人的ネットワークを形成し、互いの知識・感性を高め合い、直面している日本の今後の立ち位置の検討をする場として設立され、塾生は、大学院等で学ぶ若手研究者と連合に加盟する産別の中堅の組合役員など20名で構成されています。

 第1回は、労働法の大家である東京大学名誉教授・菅野和夫先生を講師に招き、「日本的雇用システムの変化と課題」と題して、戦前・戦後を通じた日本的雇用システムの変化と雇用法制の変化を俯瞰し、今後の予測される変化についてお話をいただきました。参加者からは、内部労働市場と外部労働市場の関係や雇用類似の働き方の動向などについて質問が出されています。

 未来塾の詳細について、今後、連合ホームページで詳細を公表していく予定です。

<写真左上>共同塾頭 連合神津会長のあいさつ / <写真右上>共同塾頭 連合総研古賀理事長のあいさつ/<写真左下>「日本の未来塾」のもよう / <写真右下>東京大学名誉教授・菅野和夫先生による特別基調講演

PAGE
TOP