連合総研

連合総研は働く人達のシンクタンクです
Research Institute For Advancement Of Living Standards

文字サイズ

イベント
セミナー
情報

イベントの開催報告

障害者雇用促進に向けた労働組合の役割を研究 -「障害者の更なる雇用促進・職場定着に向けた課題と労働組合の役割に関する調査研究委員会(第12回)」-

2020年12月18日

 連合総研は、12月18日(金)に第12回目となる障害者の更なる雇用促進・職場定着に向けた課題と労働組合の役割に関する調査研究委員会(主査・眞保智子 法政大学現代福祉学部教授)を開催しました。新型コロナウイルス感染防止のため今回もオンラインでの開催となりました。

 今回の研究委員会では、タチエス労働組合へのオンラインでのインタビューが行われました。株式会社タチエスは自動車シートの開発・製造・販売を行っています。

 委員長の西澤洋司様より、障害者雇用に関して製造現場から労働組合にも相談があることや、工場の製造ラインでは健常者が障害者の方をフォローしながら作業が行われていることなどをご報告いただきました。また、聴覚障害者の方とはホワイトボードによる筆談を行っているなど、障害者雇用に関連した日々の現場での出来事についてお話を伺いました。

第12回研究委員会写真.jpg

PAGE
TOP