連合総研

連合総研は働く人達のシンクタンクです
Research Institute For Advancement Of Living Standards

文字サイズ

連合総研
について

研究員紹介

平川 則男(ひらかわ のりお)

主幹研究員
平川 則男(ひらかわ のりお)

北海道庁の労働組合(自治労全道庁労連)の職員として、長く、道庁の組織機構改革や道立病院・道立社会福祉施設の民営化問題の担当をしておりました。2002年以降は、より広い分野に関わる中で職場を転々としており、DPI障害者世界大会(札幌)事務局、自治労本部社会保障担当執行委員。民主党政権下では、内閣官房社会保障改革担当室参事官(課長級)。2013年からは連合本部総合政策局に転じ、多くの社会保障関係の政府審議会委員も経験しました。連合総研では、これまでの経験を生かして、持続可能な支えあいの社会の実現に向けて、研究活動を続けていきたいと考えます。

主な論文

〇子ども・子育て支援の社会化に向けた検討──関連三法と制度の課題──
生活協同組合研究 2014年3月号 Vol.458
〇GPIFのガバナンスの議論をめぐって-社会保険制度の民主的統制について-
生活経済政策2016年6月No.233
〇医療保険制度改革の現状と課題 月間自治研2019年4月 vol.61 no.715
〇単身世帯の増加、人口減少で大きく変化する地域社会 連合総研レポート2019年1月 343号

〇これからの介護保険改革とガバナンス強化に向けた人材確保 介護保険者の機能強化に向けて  連合総研レポート2020年3月 355号

   ≪ 戻る

PAGE
TOP