連合総研

連合総研は働く人達のシンクタンクです
JTUC Research Institute For Advancement Of Living Standards

文字サイズ

今年度の
調査研究

今年度の調査研究

非正規で雇用される労働者の働き方・意識に関する実態調査と労働組合の役割 に関する調査研究

 連合総研は、2015 年、2016 年に「非正規労働者の働き方・意識に関する実態調査」を実施
し生活実態を明らかにしてきた。今日、新型コロナウイルス感染拡大の中、実際、仕事に就い
ておらず、求職活動も行っていない人(非労働力人口)が、女性・非正規を中心に増加した。
また、連合総研が2021 年4 月に実施した第41 回勤労者短観の調査結果をみると、1 年前と比
較して預金等が減った・もしくは蓄えが無いと回答した割合は、男女正社員は28%前後であっ
たが、非正社員は男女とも46%にのぼっている。また、過去1 年間の世帯収支が赤字の割合で
は、主生計支持者のうち、非正社員は50%弱となり、前年の40%弱に比べても大幅に増え、正
社員と非正社員の間の格差の拡大がみられるなど、厳しい傾向が窺える。更に、連合総研が実
施した「『人生100 年時代』長寿社会における新たな生き方・暮らし方に関する調査研究報告
書」においても、非正社員の将来不安が顕著となっている。このように非正規で働く労働者に
対して、雇用や生活など様々な問題が集中して生じていることから、雇用や生活、意識調査を
実施し、今後の課題などについて明らかにしていく。なお、検討の中で、労働組合の役割につ
いても議論を行う。

研究期間

2021 年10 月~2022 年9 月

その他今年度の研究報告

PAGE
TOP